部屋に飾るおしゃれな絵/飾り方のコツを知ろう-①左右対称シンメトリーな飾り方

部屋に飾るおしゃれな絵が欲しいと思ったことありませんか。おしゃれだなと感じるお部屋にはアートがさり気なく飾ってありますね。

「わぁ~おしゃれな部屋~!すてきなアート!」

でもその中の絵の一枚一枚を見ても、意外に「あれ?普通だな」だと感じたことありませんか?おしゃれに感じるポイントは、絵そのものではなく、実はその飾り方にあるのかもしれませんね。

お気に入りのアートも、やみくもに飾るより、ポイントを押さえた飾り方をすればさらに垢抜けた印象になります。

いくつかの額絵の飾り方の実例を元に、おしゃれな絵の飾り方のコツをご紹介します。

◆今回のポイントは、左右対称シンメトリーな飾り方

左右対称(シンメトリー)な飾り方は、インテリアデコレーションの中でもポピュラーな飾り方です。飾る面の中心を軸にして左右対照に飾ることで、安定感と安心感がうまれ、調和のとれた印象となります。

シンメトリーを意識すると、おしゃれでまとまりのある印象となります。

 ①同じサイズ、パターンの絵を3×3枚並べる

同じサイズ、関連性のある絵が使われた額絵を単純に3×3枚並べます。規則性のある安定感抜群の壁面コーディネートとなります。

このときに注意するポイントは、フレームの色、サイズは同じものの方がより安心感のある雰囲気となります。また、絵柄は関連性のあるものを選ぶとより統一感がうまれるのでおすすめです。絵のパターンが少ない場合は、同じ絵柄の物を両サイドに持ってくるなどの工夫するといいです。

https://witanddelight.com/2018/02/12-gallery-walls-inspire-next-weekend-project/

 枚数が多いので、落ち着いた印象の絵や、色をあまりたくさん使わないシンプルな絵、周りに余白の多い絵などを選ぶとすっきりと洗練された印象となるでしょう。

家具を何も置いてない壁面に、思い切ってダイナミックに並べてもインテリア性の高いスペースを作ることができます。

https://www.livingetc.com/ideas/small-kitchen-diner-ideas

②アートを田の字型に4枚飾る

こちらもバランスのとりやすいアートの飾り方です。同じサイズのアートを4枚並べることで統一感のある壁面コーディネートとなります。

https://www.sabinainteriors.com/

複数枚同じサイズの物を並べるときには、①同様に同じような絵柄と色味でまとめると、より高級感のある垢抜けた印象の壁面となります。額が大きい場合には、余白を広めにとったシンプルな絵柄やイメージのものを選ぶと、初めての方にも合わせやすいでしょう。

4枚のアートを飾る方法は、高さのある空間の飾り方にも適しています。

③3枚のアートを並べる

3枚のアートを並べるときには、写真のように縦長のアートの方がバランスよく飾れます。奇数枚なので、中心に飾る絵に対して両サイドは関連性のあるものを飾ったり、3枚が一つのストーリーになるようなアートを選んでも面白いでしょう。

 

https://www.etsy.com/listing/

上の写真の場合は、中心に英字の絵、両サイドに同じ淡いピンクのアートを吊り、中心の絵を挟むような形でバランスを取っています。よく見ると、左側の絵と真ん中の絵は繋がっているようですね。

アートを3枚並べる飾り方は、壁面を広く使うことができるので、幅広のサイドボードやチェストの背面、ソファの背面、テレビボードの背面、廊下など、幅広く活用ができます。

 

④中心を軸にサイズの違う額絵のグループを反転して飾る

シンメトリーな飾り方の少し応用編となります。3枚のサイズの違うアートをそれぞれ2枚ずつ計6枚用意します。このとき、フレームのサイズは3種類2枚ずつで同じ方がベストです。

中のアートは違っていてもオッケーですが、アート全体の雰囲気に統一感があるほうがいいです。

https://aprettyfix.com/beginners-gallery-wall-guide/

 上の写真のように、中心軸に左右反転させて飾ってみましょう。①~③の規則的な飾り方とはまた違った、動きのあるおしゃれ上級者のような印象の飾り方となります。

⑤一枚の印象的なアートを家具の中心に。家具を中心としたシンメトリーな飾り方

https://artdesignsbybella.com/blog/above-bed-art/

こちらは、絵をシンメトリーに飾るのではなく、家具の中心から左右のバランスが均等になるようにセンターに額絵を飾った例です。

こちらの写真ではサイドボードの上には左右非対称(アシンメトリー)なインテリア小物の飾りつけとなっていますが、ランプやフラワーベースなどを中心軸から対照的に置くとシンメトリー感が演出できます。

 

以上いかがだったでしょうか。今回ご紹介した左右対称シンメトリーな額の飾り方は、絵を飾るのが初めての方でも、挑戦しやすいデコレーションです。

ぜひ、お部屋の中で空いてるスペースに取り入れてみてください。

 

■ヨーロピアン家具とインテリア雑貨の【.unoGLAM(ウノグラム)】へはこちらからどうぞ
→◆.unoGLAM(ウノグラム)
https://unoglam.com

■広島の輸入家具店アサヒ家具サロンへはこちらからどうぞ
→◆アサヒ家具サロン
https://asahikagusalon.net